「これはテストです。」 そんな言い訳がましい文章が画面に並んでいることに、僕は憤りというよりも虚しさを感じた。 ホームページを構築しているのだから、どのように表示がされているかを確認するために入力していることに間違いはないが、もう少しだけ脳を働かせることはできなかったのか。 巨匠の小説から文章を失敬するくらいの気の利いた手間をしっかりと惜しんでいく、そんな文化的情緒に欠けるIT業界の裏側に一抹の侘しさを感じてしまうほど僕は暇なのだろう。...