【WEB集客】Facebookを使ってるユーザーってこんな人!SNS集客を行う時に知っておきたいターゲットの話①

WEB集客を行う上で、特に口コミを発生させる上で欠かせない、SNSの活用。

現在、日本において主流となっているSNSは以下の9サービスです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • mixi
  • Google+

 

どもー。株式会社スタジオストリーム代表取締役の小川です。
お客様から頂いた声を元にいろんな雑談を繰り広げていきますので、お手すきの際に暇つぶしとして御覧ください〜。

まず、それぞれのサービスの違いを比較してみます。

Facebook

 

言わずと知れたSNSの巨人。
LINE・Twitter・Instagramと比べると、利用者の年齢層が高くなってきている。

FB1

(参照:全国消費者価値観調査(CoVaR)調査概要(PDF)

Facebookの定める「エッジランク」により投稿が時系列で表示されないのが大きな特徴!
「あれ??思ったよりいいねがつかないなぁ…」なんてことも起きますが、上手に逆手に取ると…あらヤダ不思議。ってなことも可能です。

FB2

(参照:PewResearchのデータを基にグラフを作成

その他の興味深いデータ(アメリカのユーザー)
・インターネットユーザーの71%がFacebookを利用
・87%のユーザーが高校の頃などの「昔の友達」とFacebookで繋がっている
・58%が同僚とFacebookで繋がっている
・45%が親とFacebookで繋がり、43%が子供と繋がっている
・39%が一度も会ったことのない人とFacebookで繋がっている
(参照:PewResearch

その他のデータ(全世界)
・全世界で3000万の中小企業がビジネスページを開設
(参照:techcrunch.com/2014/06/03/facebook-30m-small-businesses/

注目ポイント:高齢層の利用率が高い

他のSNSよりも、高齢層の利用率が日本・海外ともに非常に高い傾向が見られます。TwitterとLINEは若者向け、Facebookはより高い年齢層も含んだ幅広い世代に利用されるSNSとして棲み分けが進むかもしれません。

 

Facebookは規模が大きいので、思いがけない人と繋がることが出来ます。

プライベートとビジネスが混在するFacebook。

運用する際は、ページとしての投稿と個人としての投稿を使い分けること、さらに読む人にストレスを与えず情報発信するために「友達のグループ化」や「プライバシー設定」に気をつける必要があります。

心なしか、福岡では経営者間のFacebookの繋がりが強いように感じます。

名刺交換をする時に8割くらいの確立で「Facebookしておられますか?」と聞かれるので。。。

福岡でビジネスを検討しておられる経営者は、Facebook必須かもしれないですね笑

 

次回はTwitterを紐解いていきます!

==============
studio Stream Inc.
092-753-7275
http://studio-stream.com
info@studio-stream.com
ホームページ制作・各種印刷物制作・集客ツール制作
集客コンサルティング・オリジナルコスメ制作など、
なんでもご相談ください(*^^*)

 

関連記事

ホームページ制作・WEBデザイン制作サービス Swell 印刷物制作サービス Sparrow 通販事業部 アトリエ2S
ページ上部へ戻る