【Twitter】初心者がツイッターを始めてみた

 

 

~とある波止場にて~

 

小川
「んっ?なんだあれ?」

写真 2016-06-03 16 30 35

 

 

浮かぶ吉沢バード

 

小川
「・・・・・・・・・・・・・・。
あっ、なんか変なのそっちに飛んでったよぉ」

写真 2016-06-03 16 30 44

 

吉沢
「あっ・・・・・・・・・・」

飛ぶ吉沢バード

 

吉沢
「ツイッター、やってみますか。」

写真 2016-06-03 16 28 51

 

というわけで、ツイッターを始めていこうと思います!

 

Twitterは、140字以内の「ツイート」と呼ばれる短文を投稿し、共有するサービスです。
2006年からアメリカで始まったSNS(Social Networking Service)の1つで、8年前の2008年から日本でもサービスが展開されています。
登録も、利用も料金はかかりません。

2015年12月の公式発表では、アクティブユーザー(登録して実際に利用している人)が3500万人と発表しています。
公式ではありませんが、先日Twitter Japanの社員様から伺った情報によると、今現在でアクティブユーザーは4000万人に達しているとのことでした。
日本におけるユーザー数は、30歳未満のユーザーが50%30歳以上のユーザーが50%と分かれており、若年層の利用が特に多いようです。

その他ツイッター自体に関する基本的な情報は下記記事をご参照下さい!

▼【WEB集客】Twitterのユーザーはこんな人たち!SNS集客を行う時に知っておきたいターゲットの話②

【WEB集客】Twitterのユーザーはこんな人たち!SNS集客を行う時に知っておきたいターゲットの話②

 

そんなツイッターにもメリットデメリットは存在します。

 

●メリット

リアルタイムで”今”の情報を知れる
実名制ではないので気軽に素直な気持ちを投稿できる
有名人の発言を見たり、それに対してコメントできる。時々返事がもらえることも!?
情報収集に便利。
・相互の友達登録とかではなく、自分が一方的にフォローして情報を見れる。
・文章が140文字以内なので気軽に投稿できる。

 

●デメリット

・匿名でも利用できるが故に、暴言を吐く、批判する等モラルの低下
誤った情報が拡散され混乱を招く可能性がある
・投稿によっては炎上(大量のアクセスや批判コメントが集中すること)してしまう
・知り合いだけでなく不特定多数の人が投稿を見れる。
・友達を見つけにくい

 

上記の様なメリットやデメリットはありますが、上手に使えば様々な楽しみ方があります。

・自分の思想を文字に表すことによって頭を整理したり
共通の趣味の人とコミュニケーションをとったり
好きなジャンルについての情報を手に入れたり
・話題になっていることに対して自分の意見を述べたり人の意見を見たり
・ブログの拡散

このように様々な活用ができます。

 

●ツイッターの用語
ツイッターには独自の専門用語があります。
「よく聞くけどなんだろう?」というのもあるでしょうし、始めても「よく分からない言葉ばかりで理解できない」などもあると思います。
なのでここで代表的な用語を簡単に紹介したいと思います。

「ツイート」
英語では「tweet」。「つぶやき」とも言われる。
基本的に自分が投稿したものや、行為自体を指す。

「リツイート」
ReTweet、RTとも表記する。
他の人がツイートした投稿を、そのまま自分もツイートすること。

「いいね」
お気に入りや、Favorite、ふぁぼ、ともいう。
ツイートに対して好感を示す行為。
自分の中でいいねのリストとして表示され、該当のツイートにもいいねの数が表示される。
自分のタイムラインなどには乗らないのがリツイートとは異なる。

「ダイレクトメッセージ」
DMともいう。特定の相手に、他の人からは見えないメッセージを送信できる。

「リプライ」
返信という意味。Facebookなどでいう「コメント」と同じ意味。
他の人のツイートに対して、コメントをすること。
他の人も閲覧可能

「タイムライン」
ツイッター内で、色んな人のツイートが時系列で並ぶ場所
基本的に新しいツイートが上から順番に並ぶ。

「フォロー」
他のアカウントユーザーのツイートを自分のタイムラインに表示する状態にしていること。
フォローしたいアカウントのページに行き、フォローを行うと表示されるようになる。

「フォロワー」
自分をフォローしている人のこと。

 

他にも専門用語のようなものもありますが、最低限これらの用語を知っていればTwitterを楽しめると思います。
また実際に今よく分からなくても、実際に利用しているとピンと来るものが多いと思うのでまずはやってみることをオススメします。

 

私自身もツイッターはずっと手を付けずにいました。食わず嫌いでした。
しかし実際にやってみると楽しくなってきて、時間が空いた時についつい見てしまいます。

もちろんツイッターを始めるために登録が必要になります。
私自身最近始めたので、まとめてみたいと思います。

 

 

1.アプリダウンロード

下記バナーからアプリダウンロードしましょう。

アップルストアからダウンロード
グーグルプレイダウンロード

 

2.新規登録

早速、Twitterのアカウントを作る際に必要になるものが最低2つあります。

・ユーザー名
ツイッターを利用する際の自分の名前となるもの。本命でもニックネームでもなんでも良い。

・メールアドレス(電話番号)
実際に利用できるものが必要。ツイッターからのお知らせが届いたり、パスワードを忘れた際の連絡先として使われたり、友人や自分を知っている人がアカウントを探すために用いられます。
メールアドレスか電話番号どちらか片方だけで登録は可能

この2つさえあれば登録、利用可能です!

 

そして最初にもご紹介しましたが、Twitterを登録する際にも、利用中にも課金されることはありませんのでご安心下さい。

 

今回の登録はiPhoneにて行っております。Androidでも登録内容自体は変わりませんので、是非ご参考にされて下さい。
そして今回吉沢はあまり多くの情報を登録せず、最低限の情報のみで始めてみようと思います。
ちなみに端末はiPhone6S+です。

 

 

▼「新規登録」
早速、ツイッターアプリを開くと下記の画面が表示されるので、赤枠内を押しましょう。

ツイッターへようこそ

▼「呼び名」を登録。
これはツイッター上での自身のニックネームもしくは本名です。
どちらで利用される方もいらっしゃいますが、今回吉沢は本名でやってみます。

赤枠内に名前を入力し、もし利用可能であれば画面右側にチェックマークが付きます。
もし利用不可な場合は別の名前を考えましょう。
そして画面右下の「次へ」を押します。

呼び名を登録

 

▼「電話番号」を入力。
ここで電話番号のみで登録も可能です。基本的に1つの電話番号(メールアドレス)に対して1つのアカウントしか作れません。
もし複数のアカウントを作りたければ、電話番号ではなくメールアドレスで登録も可能です。
なお、電話番号を登録しておけばアカウントを悪用されたり乗っ取られたりする可能性も下がるようなので、必要と感じる方は登録されて下さい。
ここで登録しても、後から電話番号をアカウントから削除することも可能です。

また、アカウントを密かに作りたい場合は赤枠で囲っている「プライバシー設定」にて電話番号やメールアドレスで友人から検索されるのを防げます
プライバシー設定をしていないと、アカウントを作成した段階で自分の電話番号やメールアドレスを持っている友人にツイッターを始めた旨の通知が行きます。

そして今回吉沢は電話番号を登録しないので、赤枠内の「かわりにメールアドレスを使用する」をタップします。
電話番号を登録する際は、入力した後に画面右下の「次へ」をタップして下さい。

電話番号登録

 

▼「メールアドレス」の入力。
赤枠内に利用可能なメールアドレスを入力し、画面右下の「次へ」を押します。

ここでも電話番号と注意点はほぼ同じです。

メールアドレス入力

 

▼「パスワード」を入力
Twitterにログインする際に必要になるパスワードです。
6文字以上の英数字でパスワードを作成しますが、あまりに単純であったり予想できるようなものだと「アカウントを乗っ取られる」可能性があります。
そして自分自身や友人、ツイッターで繋がっている人にも迷惑をかける可能性があるので、推測されにくパスワードを作成しましょう。

パスワードを入力したら、画面右下の「次へ」を押しましょう。

パスワードを入力

 

▼「電話番号」を入力
先程私は「かわりにメールアドレスを使用する」を押したので、また電話番号の入力を求められました。
しかし今回私は登録したくないので、画面左下の「後で入力する」を押します。すると電話番号なしでも登録できます。

電話番号登録しない

 

▼「ユーザー名」を入力。
自分のアカウントの住所のようなものです。「ID」とも言われたりします。
他の人が自分のアカウントを探す時に、このユーザー名を入力して探しだすことができます。

こちらもなくても登録自体はできますので、面倒だと感じる方は「後で入力する」を押しても結構です。
登録する場合は赤枠内に入力し、画面右下の「次へ」をタップします。

ユーザー名

 

▼「興味のあるトピック」を選ぶ
自分が興味のあるトピックを楕円の中から選んだり、検索したりします。
ここで選ぶと、後でツイッターからおすすめのアカウントを紹介してもらえます。
幾つでも好きなトピックを選べるので、どんどんしてもけっこうです。
トピックを選んだら、画面右下の「次へ」を押します。

もし「自分の運命は自分で切り開く」という方でしたら画面左下の「スキップ」を押して頂いても結構です。

興味のあるトピック

 

▼「位置情報」を設定する。
位置情報を設定すると、例えば私は福岡県に生息していますが福岡に関連したアカウントを紹介してくれたり、福岡に関連した広告を表示してくれたりします。
もちろんこれはしてもしなくても大丈夫なので、任意のものを選択しましょう。

位置情報

 

▼ここまで入力すると、「おすすめのアカウント」を探してくれます。

おすすめユーザー検索

 

▼「フォローするアカウント」を選ぶ
ここまで入力した情報を参考にツイッターから「おすすめのアカウント」や、「知り合いかもしれないユーザー」が紹介されます。
初期状態では全員にチェックが付いてるので、フォローする際にはそのまま画面右下の「◯◯人をフォロー」を押します。

任意のアカウントを選びたい場合には、チェックマークを付けたり外したりしながら選び、「◯◯人をフォロー」を押します。

フォローするアカウント

 

▼「通知」を設定する
他のユーザーからフォローされたりメッセージがあった際に通知するかどうかを選びます。

通知設定

 

▼「興味のあるアカウント」をフォローしましょう
という表示が出ます。この画面が自動的に終わると、ツイッターが早速始まります。

興味のあるアカウントをフォローしましょう

 

▼「Twitter」へようこそ
これでついにアカウントの登録が終了です。
下記の画面が基本になりますが、簡単にそれぞれのアイコンを説明します。

ホーム画面

 

●画面左上の「人に+がついたマーク」
新しく友達(フォローする人)を見つける画面です。
おすすめが表示されたりします。

●画面中央上川の「小鳥マーク」
タイムラインで一番上に行きます。それだけです。

●画面右上二番目の「虫眼鏡マーク」
キーワードで検索し、「アカウント」や「ツイート」を見つけます。

●画面右腕一番目の「羽ペンっぽいマーク」
自分がつぶやく(ツイートする)ためのボタンです。
ここを押して写真や動画を上げたり、文字を入力したりします。

 

●画面左下の「ホーム」
タイムラインが表示される基本の画面です。
ここで色んなつぶやきを閲覧します。

●画面左下二番目の「通知」
ツイッターさんが自分に知らせたい事を通知してくれます。「フォローされました」や「リツイートされました」等。
設定で通知内容も変えられます。

●画面右下二番目の「メッセージ」
通常はツイッターで相互にフォローし合っているとチャットのようにメッセージのやり取りができますが、設定によって誰からでもメッセージを受けたり返事したりできます。
そのメッセージをやり取りする場所がここです。

●画面右下の「プロフィール」
ここで自分が今何を「ツイート」して何に「いいね」をしたか、自分が「フォローしている数」や、「フォローされている数」を表示したり、各種設定を行えます。

 

ここで色々ご紹介しましたが、ぜひ色々試してみてくださいね!

 

 

 

 

飛行機と吉沢バード

関連記事

ホームページ制作・WEBデザイン制作サービス Swell 印刷物制作サービス Sparrow 通販事業部 アトリエ2S
ページ上部へ戻る